wordpressで自分のサイト(ブログ)を作る方法。【初心者向け】

SEO

wordpressに憧れる外国人「wordpressで自分のブログを運営したいんだけど、どうやって作るのかな?難しいことは、わからないから、素人の私でも作れるとウレシイです!」

作りましょう。簡単に!

結論から言うと、

「ドメイン、サーバーを取得」

「ローカルにwordpressをインストール」

「サーバー側にwordpressのデータベースを設定」

「サーバーにwordpressファイルをアップロード」

「完成!」

以上がサイト制作の流れです。

もくじ

1.wordpressでサイト(ブログ)を作ることをオススメする理由

SEOを踏まえてきちんとアクセスを伸ばしたい人にはwordpressをオススメします。

簡単に始められるはてなブログやアメブロなどありますが、それらは運営側がサーバーやドメインを管理しているので、自分のブログではありません。

またこれらのブログは独自ドメイン(自分で作るサイトのURL)でないので、Googleの審査対象から外れます。

それは、SEO対策から外れることを意味しているのです。

ブログに限らず、ECサイトやメディアサイトなどもあるので、多くの企業でwordpressが採用されています。

僕も、過去は自分でサイトを設計して、作ってましたが、SEO的に構造を作り上げるのはハードですし、運用や更新も大変でした。

wordpressの方が、楽ですし、web制作の仕事として企業に提案するにはwordpressの方が好都合になります。

wordpressは他の無料ブログと比べて設定が細かいので、初心者の方にはハードルが高いかもしれません。

しかし、最初から設定済みであるテンプレートの活用や、カスタマイズしやすいメニュー設計は初心者に優しいと思います。

正攻法でアクセスを伸ばしたい人は、wordpressを使うべきです。

2.Wordpressで自分のサイト(ブログ)を作る9つの手順

1.ドメイン取得

最初に、サイトの住所になる自分のURL(ドメイン)を取得します。

ムームードメインが安く、設定が簡単なので、オススメです。

①ムームードメインにアクセスする

ムームードメイン

②「欲しいドメイン」に希望のドメインを入力し、検索する

③ドメイン末尾(.com,.jpなど)を選ぶ

人気カテゴリーの中のどれかを選んでおけば、大丈夫だと思います。
.comや.jpが一番ベーシックです。

④新規登録する

⑤お申し込みする

お支払い以外は特にいじらなくていいと思います。

⑥取得する

2.サーバー契約

サーバーはサイトの土台です。

エックスサーバーがオススメなので、契約しましょう。

エックスサーバー

①申し込みをする

「まずはお試し10日間無料」をクリックして下さい。

②新規登録する

プランはX10で良いと思います。

③申し込み完了メールを確認する

メールに「会員ID」と「パスワード」があるので、インフォパネルにログインするために確認しときます。

④インフォパネルにログインする

⑤料金を支払う

左サイドバー「料金のお支払い」を選択し、料金を支払います。

更新期間は12ヶ月で良いと思います。

⑥契約完了

3.ドメインをサーバーに紐付け

①エックスサーバーにアクセス

②サーバーパネルにログインする

③「ドメイン設定」をクリック

④「ドメイン追加設定」タブを選択し、先ほど取得したドメインを入力、追加する

⑤サーバーパネル画面に戻り、アカウント「サーバー情報」をクリック

⑥ネームサーバーが表示されるので、ネームサーバー1~5までメモする

⑦ムームードメインにアクセス

⑧コントロールパネルにログイン

⑨ドメイン一覧から先ほど取得したドメインを選択する

⑩「ネームサーバー設定変更」をクリック

⑪「GMOペパボ以外のネームサーバーを使用する」を選択し、ネームサーバー1〜5の欄に先ほど、エックスサーバーでメモしたネームサーバー1~5を入力する

⑫紐付け完了

4.MySQLデータベース設定

①エックスサーバーにアクセス

②サーバーパネルにログイン

③データーベース「MySQL設定」をクリック

④「MySQL追加」タブを選択し、データベース名を入力して追加する

⑤「MySQLユーザ追加」タブをクリックし、ユーザIDとパスワードを入力して、追加する

⑥新しく作ったデーターベースと新規ユーザーを結びつける

「MySQL一覧」タブから、「アクセス権未所有ユーザ」を選択し、先ほど作った自分のユーザーを選び、追加します。

「アクセス権所有ユーザ」に追加したユーザーがあれば、OKです。

5.MAMP、wordpress設定(ローカル)

MAMPは自分のパソコン(ローカル)でも使える無料のサーバーです。

オンラインに公開はできないので、テスト用に使います。

①MAMPをインストールする

MAMP

アクセスしたら、「Free Download」からダウンロード、インストールして下さい。

②MAMPの初期設定(データベース作成)

インストールができたら、MAMPのファルダがあると思います。

その中に、「MAMP」のアプリケーションがあるので、実行して下さい。
(「MAMP PRO」は関係ないです。)

開いたら、「Start Servers」をクリックして、サーバーを起動します。

次に、「Open WebStart page」をクリックします。

MAMPのWebページが開くので、「TOOLS」タブから「PHPMYADMIN」を選択してください。

phpMyAdminの画面が表示されます。

「Databases」タブを選択し、「Database name」を入力して「Create」でデータベースを作成して下さい。

③Wordpressをインストール

WordPressにアクセスします。

WordPress

「WordPressを入手」をクリックし、ダウンロードして下さい。

ダウンロードが終わったら、zipファイルを解凍してWordpressフォルダを移動します。

フォルダ「MAMP」の中にあるフォルダ「htdocs」の中にWordpressフォルダをコピペして下さい。

④MAMPでの設定(Wordpress)

MAMPを起動し、「Open WedStart page」をクリックして、Webページを開きます。

「MY WEBSITE」をクリックして下さい。

「wordpress/」をクリックします。

WordPressの画面が表示されたら、「さあ、始めましょう!」でアクセスして下さい。

データベース情報を入力します。

データベース名:先ほどMAMPで作ったデータベースの名前
ユーザー名:root(デフォルト値)
パスワード:root(デフォルト値)
データベースのホスト名:localhost
テーブル接頭辞:任意の文字

入力できたら、「送信」、「インストール実行」をクリックして下さい。

サイト名やユーザー名、パスワードなどを入力して、完了です。

6.データベース(ローカル)をエクスポート

①MAMPを起動する

②「Start Server」でWebページを開く

③「TOOLS」タブから「PHPMYADMIN」を選択

左上の家マークから、言語設定(日本語に変える)ができます。

④先ほど、作ったデータベースに選択し、Wordpressのデータが入っていることを確認

⑤「エクスポート」タブを選択し、「エクスポート方法」で「詳細」を選ぶ

⑥テーブルでファイルが全選択されているかを確認

⑦「出力」で「出力をファイルに保存する」を選び、一番下の「実行」をクリック

「出力」以外は特にそのままで良いです。

⑧sqlファイルがダウンロードされる

7.sql、wp-config.phpの書き換え

①取得したsqlファイルをテキストエディタで開く

僕は、テキストエディタは「Atom」を使っています。

Atom

②ローカルでwordpressを開いたときの、URLを書き換える

Atomでそのsqlファイルを開いたら、ローカルでwordpressを開いたときのURLを探します。

おそらく、「http://localhost」で検索すれば、ヒットするでしょう。

検索方法、書き換え:

「ctrl+F」(上記メニューの「Find」→「Find in Buffer」でもいい)でFindを開き、「http://localhost」を入れます。
本文から「http://localhost」が入ったURLを選択し、「ctrl+D」で同じURLを全て選択します。
全て選択したら、ムームードメインで取得した自分のドメイン(URL)を貼り付けます。

URL末部の最後のスラッシュ(/)はいらないです。

③wp-config.phpを書き換える

MAMPフォルダの中にあるwordpressフォルダをデスクトップでもいいので、コピペします。

wordpressフォルダの中にwp-config.phpファイルがあるので、Atomで開きます。

下記のdefineのデータベース名、ユーザー名、パスワード、ホスト名を自分の情報に書き換えます。

(「エックスサーバー」→「サーバーパネル」→「MySQL設定」の画面から、データベース名、ユーザー名、パスワード、ホスト名は確認できます。)

/** WordPress のためのデータベース名 */
define( ‘DB_NAME’, ‘sample‘ );
/** MySQL データベースのユーザー名 */
define( ‘DB_USER’, ‘sample_user‘ );
/** MySQL データベースのパスワード */
define( ‘DB_PASSWORD’, ‘sample_pw‘ );
/** MySQL のホスト名 */
define( ‘DB_HOST’, ‘xxxxx.xserver.jp‘ );

8.データベース(ローカル)をインポート

①「エックスサーバー」→「サーバーパネル」→「データーベース」→「phpmyadmin(MySQL)」にアクセス

②phpmyadminにログイン(ユーザー名とパスワード:「MySQL設定」で作成したユーザー名、パスワード)

③自分で作成したデータベースを選択

④インポートをクリック

⑤アップロードファイルの「ファイルを選択」をクリックして、MAMPでエクスポートしたsqlファイルをアップロードし、実行

⑥インポートが正常に終了しました

9.FileZillaでwordpressファイル(ローカル)をサーバにアップロード

①FileZillaのインストール

FTPソフトのFileZillaを使います。

FileZilla

②FileZillaの設定

上記メニュー「ファイル」→「サイトマネージャー」を選択

「新しいサイト」をクリック

下記設定に以下を入力して下さい。

ホスト →エックスサーバーのメール確認
プロトコル 「FTP-ファイル転送プロトコル」を選ぶ
暗号化 「明示的なFTP over TLSが必要」を選ぶ
ログオンの種類 「通常」を選ぶ
ユーザ →エックスサーバーのメール確認
パスワード  →エックスサーバーのメール確認

エックスサーバーから登録完了時に送られてきたメールに以下記載があると思います。

FTPホスト   : xxxxx.xserver.jp →ホスト
FTPユーザー  : sample_name →ユーザ
FTPパスワード : sample_pw →パスワード

入力ができたら、「接続」をクリックします。

これで、サーバーへの接続は完了です。

③サーバーへファイルをアップロードする

サーバーへの接続が完了すると、左(パソコン/ローカル)と右(サーバー)にディレクトリ(ファイルの階層)が表示されます。

サーバー側に取得したドメインのフォルダがあると思います。

その中に「public html」フォルダがあるので、そのフォルダの中に「wordpress」フォルダをアップロードして下さい。(書き換え済みのwp-config.phpファイルも必ずそのフォルダにあることを確認して下さい)

右(サーバー)側の「public html」フォルダをダブルクリックで開いた状態にする(「public html」フォルダに移動する)

左(パソコン/ローカル)側にある「wordpress」フォルダを「control+クリック」して「アップロード」を選択

これで、「public html」フォルダ内に「wordpress」フォルダがアップロードされます。

④wordpressへアクセス

「http://自分が取得したドメイン/wp-admin」でログイン画面にアクセスします。

ログインできたら、管理画面の一番下「設定→一般」でサイト名とURLを設定しましょう。

まとめ:初心者でも、きちんとした手順を踏めばすぐにサイトはできます

2020-0117_wordpress-how-to-make

実際、サイトを作るのはそんなに大変ではありません。

大抵の人は、ググる力があるので、できると思います。

SEOはサイトを作ってからが本番なので、ここは通過点としてささっと作ってしまいましょう。